中学受験専門プロ個別指導塾ノア

ノア式予習シリーズ学習法 5年国語 5年下第18回基本問題 問六解説

【問六】
 
問題文に書かれている「適切でないもの」
 
という部分に注目します。
 
問題文を注意深く読み、
 
ケアレスミスのないようにしましょう。
 
傍線④「邪険に、少年をつき出し、
 
自分は、くるりと寝返りを打った」とあります。
 
母がいとしくてたまらない少年に対して
 
このような態度をとった理由を考え、
 
ア~エから適切でない選択肢を選びます。
 
「邪険」とは「意地が悪く、人に対して思いやりのない様子」
 
を意味します。
 
おそらく、母は自分自身が助かる見込みのない
 
伝染病であることを知っています。
 
だから、長い間自分の子どもを本当は抱きしめていたいのですが、
 
病気がうつってしまう可能性をおそれ、
 
どこかできっぱりと断ち切らなくてはならないのです。
 
こんな自分の状況を腹立たしいとも感じているはずです。
 
また、少年と一緒にいることが祖母にわかってしまったら、
 
一緒にいられる時間を奪われてしまうことになるでしょう。
 
このことから、ア・イ・ウは適切な理由だと考えられ、
 
エ「少年の相手をするのがつらかったから。」
 
という理由は読み取れません。
 
 
答え: エ