中学受験専門プロ個別指導塾ノア

中学受験 絶対合格へ導く親の役割

このコーナーでは、中学受験における親御さんの役割について、色々と考えてみたいと思い
 
ます。
 
小学受験は親御さん自身が戦わなくてはならない受験だと言われています。
 
高校・大学受験は、受験生本人の気持ちを主体に望む受験です。
 
では、12歳という時期に挑む中学受験はどうでしょうか?
 
もちろん、100%本人の気持ちを主体に行う受験ではありません。
 
親御さんは、常に受験をする本人であるお子さんと長い受験期間を走り抜かなければならな
 
い伴走者であるのです。
 
親御さんが何も言わないままで、自らすすんで勉強と向き合うお子さんはあまりいません。
 
また、塾に入れてしまえば、それで任せっきりというわけにもいかないのです。
 
あくまで親御さんがレールを引いてあげて、お子さんがその上を安心して走り続けられるよ
 
うにしなくてはならないのです。
 
短くて2年間、長ければ4年間は、お子さんと共に走り抜かなければならないです。