中学受験専門プロ個別指導塾ノア

ノア式予習シリーズ学習法 5年国語 環境問題を考える

中学受験の国語における説明文の問題では、
 
環境問題の内容がひんぱんに出題されています。
 
なかでも、地球温暖化をテーマにした文章が
 
よく見られますので、あらかじめ、
 
おおまかな知識を知っておいた方が有利です。
 
5上第6回基本問題、問九を例に挙げて考えてみます。
 
傍線⑦の後に注目します。48行目「愚かな営み」とあります。
 
つまり、いま私たちがやっている愚かな営みを
 
5段落から抜き出せばよいのです。
 
このとき、環境問題に多少の知識があれば、
 
難なく、その営みを見つけ出すことができます。
 
文章全体の要点から考えてみても、
 
4行目「木をバサッと切り倒してしまう」ことが
 
地球にどのような影響をおよぼすのかについ
 
て書かれています。そしてこれが、炭酸ガスを増やし、
 
温室効果を招くということは問八の答えからもわかります。
 
このことが5段落にどのような表現で
 
書かれているかに注目します。
 
すると、42行目に「木材の過剰伐採」とあります。
 
木材の過剰伐採が炭酸ガスを増やしている、となります。
 
答え: 木材の過剰伐採