中学受験専門プロ個別指導塾ノア

受験直前の学校生活について

  1. 2015年1月14日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
さて、今回は、受験日間近に控えた1月の学校生活について考えてみたい
 
と思います。
 
まず、受験勉強のために学校を休ませるのは感心することではありません。
 
言うまでもなく、小学生の本分は学校に毎日しっかりと通う事にあるからです。
 
もし、休ませるのであれば、それ相応のリスクを覚悟しなければなりません。
 
まず、入試に多少の影響はあるであろう内申書の出欠を含め、担任の先生に、
 
良い内申書を書いてもらえなくなるという点です。
 
先生が内申書を書く時期は、だいたい試験の1か月前ぐらいです。
 
だから、これよりも早い時期に休ませてしまうと、内申書に響く可能性があります。
 
もし休ませるのであれば、先生が内申書を書きあげた受験直前時がいいでしょう。
 
そもそも、まだ受験に対して緊張感がもてない早い時期に休ませても、あまり
 
効率がよくありません。
 
どうしても休ませるのであれば、受験に対しての緊張感が高まり、勉強の
 
スピードが上がってくる直前期のほうがいいでしょう。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア