中学受験専門プロ個別指導塾ノア

塾に行くことに誇りを持たせる

  1. 2014年11月24日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
中学受験において、学習習慣を持続させ、モチベーションを保つためにも
 
お子さんには塾に行くことに誇りを持たせたほうがよいでしょう。
 
「僕は(私は)成績のよい生徒が集まる塾で頑張っているのだ」
 
という感覚も必要なのです。
 
こうした優越感は、お子さんが勉強と向き合う動機づけになるのであれば、
 
それに越したことはありません。
 
もちろん、お子さんに優越感を持たせたからといって、お子さんの性格が
 
悪くなるという事はありません。
 
学校で習う内容とは違った範囲のものを塾で勉強するという事に関して
 
特別な価値観を持たせてあげるのです。
 
他の同級生が、友達と遊び、ゲームをし、テレビを見ている時間に
 
勉強をしているという事が特別な事なのだ、という感覚が生まれれば、
 
言うまでもなく勉強と向き合うモチベーションが高まり、
 
努力することが楽しくなります。
 
例えば、スポーツも本気でやろうとすると、ものすごい努力を必要とします。
 
また、つらい練習を繰り返さなくてはなりません。
 
サッカーがうまいお子さんは「僕はサッカーが人よりうまいぞ」という
 
優越感があってこそ、その努力を受け入れるのです。
 
勉強も同じです。他人に対する優越感を持っていなければ他人よりも努力する
 
ことは難しいでしょう。
 
塾に通う事にたいして優越感と誇りを持つことも、勉強に対するモチベーションの
 
高さを持続させ、長続きするコツなのです。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア