中学受験専門プロ個別指導塾ノア

中高一貫校を選択肢、大学進学の方向性を明確にする

  1. 2014年10月23日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
今日は中学受験をするという、本来の意味について改めて考えてみたいと思います。
 
 
中学受験をさせるということは、言うまでもなく、中高一貫校を選択し、大学進学の
 
方向性を明確にするということでもあります。
 
したがって、親御さんが、お子さんにどんな大学進学を希望しているのかを
 
はっきりさせる必要があるのです。
 
例えば・・・
 
① 国公立の大学に進んでほしい
 
② 附属である中学の系列大学に進んで欲しい
 
③ 有名私立大学に進んでほしい
 
④ 高校時の学力に準じた大学に進んでほしい
 
といった具合のポイントです。
 
国公立大学への進学を希望するのであれば、希望大学への進学実績の高い学校を
 
選ばなくてはなりません。
 
また、進学する大学を高校の受験時になって考えるのであれば、校風や指導方針
 
などを考慮し、幅広い学校が選択肢に入ります。
 
 
すなわち、大学進学をどのくらい重要視するかによって、勉強のやり方も、
 
塾選びも変わってきます。
 
お子さんの性格や適正をしっかり見極め、また受験期間中、常に高いモチベー
 
ションで頑張り抜けるかどうかも考慮し、お子さんと話し合い、将来の方針を
 
立ててあげましょう。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア