中学受験専門プロ個別指導塾ノア

大問の一番目、計算問題を確実におさえる

  1. 2014年10月22日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
さて、算数の基礎基本は言うまでもなく計算力です。
 
ほとんどの学校では、大問の一番目に四則計算が出題されます。
 
これは、絶対にミスがゆるされません。
 
何があっても、完璧にしなくてはならないのです。
 
中学受験は1~2点の差で合否がはっきり分かれてしまう世界です。
 
毎年多くの受験生が、計算問題一問のケアレスミスで泣いているのが現実です。
 
それに加え、計算問題で間違えるということは、それ以降の文章問題でも
 
計算ミスをしてしまう可能性が大きいのです。
 
もし、ケアレスミスをし、必ず一問は間違えてしまうという悪い習慣を持って
 
いるのなら本番までに必ず直さなくてはなりません。
 
そのためには、毎日欠かさず計算問題を解く事が一番です。
 
1問にじっくり時間をかけて、2~3問決まった時間に解くようにしましょう。
 
これを200日続ければ必ず計算力が付き、ケアレスミスがなくなるでしょう。
 
算数という科目は、毎日の学習の成果が偏差値にあらわれるまで時間がかかります。
 
すなわち、入試の直前になって慌てても、どうにもならない科目なのです。
 
そして入試では、算数が主要二科目のひとつであり、配点が高い学校が多い事
 
からも、早い時期に苦手意識を払拭しなくてなりません。
 
苦手意識がある場合には、とにかく、自分がどこでつまずいているのかを明確にし、
 
基礎的な部分を確実にしなくはいけません。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア