中学受験専門プロ個別指導塾ノア

図形問題の出題形式について考える

  1. 2014年10月22日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
今日も算数の得点アップの秘訣、図形問題の出題形式について記してみたい
 
と思います。
 
 
図形分野の出題パターンを考えると以下の4つになります。
 
① 角度を求める問題
 
② 長さを求める問題
 
③ 面積を求める問題
 
④ 長さや面積の比を求める問題
 
図形問題は、分類すると、この4つのパターンしかありません。
 
①角度を求める問題は、比較的易しく、
 
②長さを求める問題、③面積を求める問題は難しくなります。
 
④長さや面積の比を求める問題は②③をしっかり理解し、応用できれば、難問とは
 
感じないでしょう。
 
すなわち、②と③を中心に、基礎基本に則った復習を怠らず学習していくと確実に
 
ものになり、学習効率の高いものとなります。
 
進めていくと、似通った問題に何度もぶつかるはずです。
 
その時に「前にやった問題と同じパターンだ」と気づき、抵抗感なく解答できれば、
 
しっかりと身についているということです。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア