中学受験専門プロ個別指導塾ノア

時にはお子さんを先生に見立てる

  1. 2014年12月2日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
さて、毎日しっかりとした学習計画を立て、同じ問題に何度挑戦しても、なかなか
 
定着しない単元というのが、どのお子さんにもあるはずです。
 
それを克服するための秘策として、お子さんを先生に見立てて教わってみるのです。
 
人に教えるというのは、とてもいい勉強になります。
 
人にわかりやすく教えるには、知っていることを自分の頭の中で一度整理し、
 
かみ砕いて説明する必要があります。
 
説明をするときに記憶が曖昧だった部分や、誤解していた部分、理解不足な部分を
 
改めて認識することができるので、とても有効的な復習になります。
 
お子さんに図や絵を描いてもらいながら説明をしてもらうと、より効果的です。
 
言葉で発するだけでなく、手や目を使う事で脳への刺激も強く、なかなか定着
 
しなかったものも、しっかりと定着していくようになります。
 
また、誰かに教える事によって、お子さんは優越感を得る事になりますので、
 
テキストの問題をやり直すよりも楽しく学べ、進んでやるようになります。
 
お子さんに教わる際に大切な事は、もし説明がわからなしても、一度は聞き流す
 
ようにして下さい。途中で口を挟むと、お子さんのやる気がなくなってしまう
 
からです。
 
わからない部分を確認するのは、一通りの説明が終わってからにしましょう。
 
大切なのは、親御さんに説明しながら間違っていた部分や、理解不足だった部分を
 
再確認することです。
 
じっくりと腰を据えて聞いてあげましょう。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア