中学受験専門プロ個別指導塾ノア

入試のボーダーラインを考える

  1. 2014年12月6日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
さて、今日は受験に向けてのメンタル面について考えてみたいと思います。
  
入試が近づいてくると、多くの親御さんは不安な思いを抱えるようになります。
 
「このままで本当に合格するだろうか、もし落ちてしまったらどうしよう・・・」
 
と迷う場面が必ずきます。言うまでもなく入試には、合否をわけるボーダーライン
 
と呼ばれるものがあります。
 
一般的に中学受験では、試験が終了すると同時に、複数の先生が採点を行い、
 
得点順に順位表を作成します。
 
その後、「合格判定会議」で、合否のボーダーラインと、正規の合格者ならびに
 
学校によっては補欠合格者などを決定します。
 
受験者数の多い学校では、合否ラインに多くの受験生が並ぶため、四教科の順位
 
以外に、算数、国語の二教科の順位によって、第二段階選抜として合格者を算出します。
 
すなわち、このボーダーライン上に多くの受験生が乗り、とにかく1~2点でも
 
多く点数を取らなければならないのです。
 
入試で1~2点というと、漢字一問もしくは計算問題ひとつといった程度の
 
ものになります。
 
「あの漢字が分かっていたら…」、「あの計算を間違えていなかったら…」
 
と悔やむ受験生が毎年数多く存在するのも事実です。
 
つまり1点でも多く点数を取るためには試験の1分1秒を無駄にしない粘り強さが
 
必要なのです。
 
そして、その粘り強さを養うために欠かせないのが
 
「絶対に第一志望に合格するぞ」
 
という強い思いです。
 
合格できたらいいな程度の願望ではなく
 
「合格するのは僕(私)なんだ」
 
「あの制服を絶対着るんだ」
 
というように、より具体的に自分の将来をイメージし、前向きに自分を信じる
 
気持ちを育みましょう。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア