中学受験専門プロ個別指導塾ノア

中学受験 4年生からのスタートと塾選び① 塾通いを始める前に

  1. 2014年12月17日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
今回は、6年生の中学受験時に「もっとやっておけばよかった」と後悔しない
 
ために、そして、本格的に塾通いを始める4~5年生までに何をしておけばいいのか、
 
家庭でやるべき事は何なのかを少し考えてみたいと思います。
 
例えば、中学受験の準備をスタートさせる4年生までに最低限身につけて
 
おかなければならない基本事項は、
 
算数における「基本的な計算をする力」
 
国語における「文を読み取る力」、
 
そして漢字を含む「言葉を理解する力」です。
 
一番大切なのは、90分前後の長い授業時間を集中できる
 
「人の話をしっかり聞ける子供」に育てておく事です。
 
これらは、学校で習う事をしっかり身につけ、毎日の親御さんとのやりとりから
 
十分育む事ができます。
 
家庭では、毎日の親子の会話の中で例えば、ニュースなどを見ながら
 
「これってどう思う?」などと問題提起をし、お子さんの意見にじっくり
 
耳を傾けてあげることが最も大切ではないでしょうか。
 
そういった会話に中からボキャブラリーを増やし、思考力もついてきます。
 
低学年のうち、お子さんに、こういった基本的な勉強に向き合える要素が
 
満たされたと実感されたら塾通いを薦めてみましょう。
 
また、こういった要素が満たされなくとも、個別指導塾ならば、お子さんの性格に
 
合わせ、不足部分を補い、それらが満たされた他の験生と同じスタートラインに
 
立たたせる事も可能なのです。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア