中学受験専門プロ個別指導塾ノア

中学受験 4年生からのスタートと塾選び③ 受験生という自覚が大切

  1. 2014年12月17日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
「4年生からのスタートと塾選び」の第3弾です。
 
小学4年生という中学受験スタート時のお子さんは、親から無理矢理に勉強を
 
強いられているという感覚をまだ持ち合わせていません。
 
親が進めれば、ごく自然の成り行きとして中学受験の準備をスタートするし、
 
楽器を習ったり、スポーツを習ったりするのと同じような感覚で塾にも
 
通い始めるでしょう。
 
この年齢のお子さんは「僕は受験生なんだ」という感覚を素直に喜びます。
 
言ってみれば、他の同級生と比べ、「自分は大人なんだ」というという気持ちと
 
重ね合わせているのです。
 
小学校高学年ぐらいになると余計背伸びをしたくなるものなので、塾に通わせ、
 
受験勉強に取り組む事はよいけじめになります。
 
この4年生の時点では、基礎基本に則った学力の土台となるような反復練習が
 
主体となります。
 
この時期にしっかりとした学習習慣をつける事が今後の成績アップの
 
大きなカギになります。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア