中学受験専門プロ個別指導塾ノア

中学受験 合格の基礎体力づくり 算数編② 分野別に優先順位を考える

  1. 2014年12月17日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
「合格の基礎体力づくり」、算数編の第2弾です。
 
塾の学習では、ほとんどの場合、6年生の夏休みで受験範囲を一通り終わらせます。
 
それ以降は志望校の過去問や、応用問題を中心とした授業になります。
 
この時期になると塾の授業はどんどんスピードが加速していきます。
 
加えて宿題もかなりの量が出されます。
 
そして、6年生では新しい単元を覚えながら、5年生の復習もやらなくては
 
ならないのです。
 
しかし、受験当日までの時間は限られています。
 
そんな中で算数の実力を伸ばし、得点アップに繋げるためには、やはり分野別に
 
優先順位を考えなくてはなりません。
 
ほとんどの私立中学の入試問題では大問4つ~6つというのがスタンダートです。
 
その内訳は、
 
『計算問題』(1問)
 
『図形問題』(1~2問)
 
『代数問題』(2~3問)
 
という構成です。
 
すなわち、計算問題と図形問題は確実に出題され、ここだけで全体の約5割の点数を
 
稼ぎ出す事ができます。
 
この二つを最優先して確実なものにしましょう。
 
計算問題に関しては、毎日20~30分の時間で十分です。
 
図形分野の出題形式については、次のコーナーで詳しく記してみたいと思います。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア