中学受験専門プロ個別指導塾ノア

中学受験 成績を必ず上げる親の習慣⑤ わからない事を悪い事だと思わせない

  1. 2014年12月19日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
大好評の「成績を必ず上げる親の習慣」今回は第5弾です。
 
塾では毎週、新しい単元の授業が進んでいきます。
 
そのため十分理解してなかったとしても、わからなくなってしまったところまで
 
戻ってやり直す時間が取れずに、気が付けばわからない単元ばかりになって
 
しまったというケースをよく耳にします。
 
これは、大手の集団塾にありがちなパターンでもあります。
 
板書を写すだけで、精一杯になってしまい、勉強をやった気になってしまう
 
というお子さんも多いと思います。
 
塾で出来る限り多くの事を吸収し、理解するために
 
「わからないこと、理解できないことにぶつかった時に、しっかりと質問できるか」
 
というのが、とても重要になります。
 
実際、成績の伸びるお子さんは、塾でわからない事をすぐに質問する事ができます。
 
しかし、質問がうまくできず、わかったふりをするお子さんが多いのも現実です。
 
その理由としては
 
「こんな事を聞いたら頭がわるいと思われてしまう」
 
「友達に見られたら恥ずかしい」
 
という声が圧倒的です。
 
このように多くの中学受験生たちは、知らないことはいけないこと、カッコ悪いこと
 
だと思う傾向にあるようです。
 
ですから、ご家庭でお子さんから、何か質問があった時に、
 
「こんな事も知らないの」
 
といった言葉は厳禁です。
 
お子さんが質問してきたら、どんな些細な事でも
 
「わからない事があったらどんどん聞こうね」
 
と質問できた事をほめてあげて下さい。
 
また、親御さんに知らない事があった時は素直に認め、お子さんと一緒に調べるように
 
してあげて下さい。
 
その姿を見て「知らないことは悪いことではない」と実感するでしょう。
 
そして、わからない事は積極的に質問できるようになるのです。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア