中学受験専門プロ個別指導塾ノア

作文と読書の関係性について考える

  1. 2015年1月6日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
さて、今回は作文と読書の関係性について考えてみたいと思います。
 
作文とひとつに言葉を括った中にも、読書感想文、記録文、日記文、説明文、
 
手紙文、意見文、創作文とその形態は様々です。
 
特に小学校では、読書感想文、日記、社会科見学のレポート(記録文)
 
といったものが必須課題となっております。
 
例えば、読書感想文で重要とされるのは、読み終わった本の中に描かれた情景描写や、
 
登場人物のセリフをいかに自分のものとして吸収し、その言葉を自分の言葉と
 
つなぎ合わせ原稿用紙にアウトプットできるかということです。
 
ここには、読書力をつけるという重要な課題もあります。
 
作文を書くという言葉をアウトプットする能力と、読書という言葉をインプットする
 
能力は表裏一体です。
 
言葉を連ね、文章にすることに苦痛を感じなくなれば、長文を読解するという作業にも
 
苦痛を感じなくなります。
 
つまり、普段の生活からボキャブラリーを豊かにし、語彙力を高める事によって、
 
自然と読書したいという欲求が生まれてくるのです。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア