中学受験専門プロ個別指導塾ノア

理科分野で最もつまずきやすい「電磁石」

  1. 2015年1月6日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
中学入試に頻繁に出題される単元の中で、5年生の分野でもっともつまずきやすい
 
のが「電磁石」です。
 
4年生のうちから「電磁石」はどういうものなのか、実験を通して、知っておく
 
必要があるでしょう。
 
電磁石とはエナメル線を螺旋状に巻きつけたもの(コイル)に電気を流すと磁石に
 
なるものです。
 
エナメル線は鋼線の表面をエナメルで覆ったもので、近所のホームセンターなどで
 
購入できます。
 
これを30センチ程度に切り、鉄釘にどんどん巻きつけていきます。
 
巻きつければ、巻きつけるほど磁石の力は強くなりますので、使用する鉄くぎも
 
太く大きいものがよいかと思います。
 
最後にエナメルのコーティングをはがすために両端をやすりで削り電池に繋ぎ、
 
出来上がりです。
 
クリップや画鋲などをコイルに近づけて実験してみて下さい。
 
尚、コイルが高温になりやすいので火傷には十分注意して下さい。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア