中学受験専門プロ個別指導塾ノア

中学受験 夏休みの過ごし方

  1. 2015年1月7日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
今回は、夏休みの過ごし方について考えてみたいと思います。
 
長期の休みであればあるほど、生活のリズムが大切になってきます。
 
しかし、実態はそうではなく、休み中はダラダラしてしまうご家庭が多いように
 
思えます。
 
例えば、前夜に3時間勉強したからと、翌日の寝坊を許してしまうなどといった
 
具合です。
 
事前に立てた計画をしっかり守らせるという事は、お子さんと同様、親御さんに
 
とっても大変な事ですので、気持ちが緩みがちになってしまうのです。
 
親御さんの気持ちを引き締めるという意味でも、夏休みなどの長期の休みには、
 
1日の計画表を作らせるとよいでしょう。
 
計画表の中には、もちろん学習の時間も設けます。中学受験と同じく50分の
 
インターバルを取り、その時間は必ず集中させるようにしましょう。
 
小学校での45分という授業時間は、この時間内は、子供が集中できるという
 
データに基づいて設けられています。
 
しかし、中学入試の制限時間はほとんどの学校で50分間です。
 
このプラス5分間の集中力をなんとしても養わなければいけません。
 
そこで長い期間の休みを利用して、この時間に慣れてもらうのです。
 
また、学校や塾であれば、授業に入る前にトイレは済ませておく、
 
授業中にトイレに行きたくなったら、手を挙げて許可をとるというルールが
 
あります。
 
家庭では、そういった部分についつい甘くなりがちですが、そのあたりを
 
厳しく、家庭においてこそ毅然とルールを設けましょう。
 
計画表と併せてルールを設けることで、しっかりとした学習習慣が身につき、
 
中学受験に対応できる集中力が養われるのです。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア