中学受験専門プロ個別指導塾ノア

物事に道筋を立てて順序よく考える

  1. 2015年1月9日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
今回も作文とは違った視点で、小論文について考えてみたいと思います。
 
小論文を書く力を養うと、物事に道筋をたて順序よく論理的に考えられるように
 
なります。
 
そして、社会に対する視野が広がると同時に問題意識が高まります。
 
そうやって、様々な知識を吸収することになり、最終的には国語力の高まりにも
 
繋がります。
 
小論文の力を養うという事は、入試に有利という事だけでなく、その後の就職活動に
 
おいても、その力を遺憾無く発揮することができます。
 
また、社会に出てからも、企画書、報告書、禀議書などを書く際に、その理論的思考が
 
大きく役立つでしょう。
 
小論文に於いて一番大切な事は、設問にyesかnoかで自分の意思を明確にする事です。
 
Yesかnoかの答えに対して、その理由が論理的に述べられていれば、多少の文章の形式が
 
崩れていたとしても、また、気の利いた言い回しが無くても、それらはさほど重要視
 
されません。
 
自分の答えをしっかりと導き出す力が最も大切なのです。
 
この作文と小論文と作文の違いをしっかりと認識し、自分に足りないものは何か
 
ということを把握することが何より重要になります。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア