中学受験専門プロ個別指導塾ノア

心の乱れには、親子の対話がなにより大切

  1. 2014年11月8日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
中学受験生にとってはこれからの時期、神経が過敏になってきます。
 
これまで、頑張って来たお子さんほど、
 
「落ちたらどうしよう」
 
「このままじゃダメだ」
 
と心が乱れ、普段の学習ペースがままならないことも多く見られます。
 
こんな時こそ、親子の対話が最も大切だと言われます。とにかく気持ちが揺らぎ
 
やすい12歳という年齢です。
 
この年頃のお子さんたちにとって、親子の対話がなによりも心の支えになること
 
は明らかです。
 
また逆に不用意に口にした言葉が、この時期に限ってお子さんの心に深く突き刺さり、
 
受験に対するモチベーションが下がってしまう場合があります。
 
受験日が過ぎるまでは、いつも以上に家庭内の何気ない会話に注意して下さい。
 
この時期、お子さんはもちろん親御さんも緊張感を強いられる毎日を送る事になります。
 
特にお母さんは、お子さんと接する時間が長く、お子さんの前では言うまでもなく、
 
暗い顔や不安な表情は見せないようにしているために、お子さんのいないときや、
 
見てないところで緊張が緩んでしまう事が多々あります。
 
例えばこのような一瞬や、お父さんに「受験は全敗かも」などという愚痴をこぼしたのを
 
お子さんが聞いてしまう。
 
そこから、「家族が嫌な思いをしているのではないか?」などと考え込んでしまいます。
 
こんな事のないように、お子さんの合格を信じて疑わない前向きな気持ちを親御さんも
 
しっかり持つようにしましょう。
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア