中学受験専門プロ個別指導塾ノア

中学受験、理科分野における「気体の発生」は重要な単元

  1. 2014年11月4日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
理科の重要な単元である、気体の発生に関する問題もまた、中学入試で頻繁に
 
出題されます。
 
この単元を4年生のうちに押さえ、流れを把握しておくことも重要です。
 
ここでは身近な薬品で気体を発生させる実験をしてみましょう。
 
酸素は過酸化水素水(オキシドール)と二酸化マンガンという薬品で発生します。
 
これを身近なもので実験するには、オキシドールがちょうどいいと思います。        
 
オキシドールは消毒液として、薬局などで簡単に手にはいります。
 
ちなみに、オキシドールを傷口に塗ると泡が出るのは、過酸化水素水と傷口の血液が
 
反応して酸素が発生しているからなのです。
 
また、台所にある様々なものを使っても気体発生の実験ができます。
 
例えば、お酢をガラスのコップに入れ、卵のカラを入れてみて下さい。
 
すると卵のカラの表面から気泡が出てきます。お酢の酢酸という成分と卵のカラの
 
炭酸カルシウムが反応し、二酸化炭素が発生するからです。
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア