中学受験専門プロ個別指導塾ノア

いかにして集中力を身につけるか

  1. 2015年1月8日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
中学受験では、学校で習う範囲以外の膨大な量を反復し、自分の知識として
 
インプットしなければなりません。
 
そのためはまず勉強に対する前向きな気持ち、すなわち、「絶対合格するぞ」
 
という高いモチベーションを保たなければなりません。
 
勉強には、テクニックも重要ですが、それ以上に大切なのはメンタル面です。
 
どんな気持ちで勉強と向き合うかが重要になります。
 
その中でも最も大切なのは、いかにして集中力を身に付けるかということです。
 
集中力を身につければ勉強の効率が格段とあがります。
 
言うまでもなく、集中力は成績アップの源であり、自分に集中力が身に付いたな
 
と実感できれば、それは自信につながります。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア

中学受験 集中力を養うのに欠かせない三大要素

  1. 2015年1月8日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
今回も、集中力について考えてみたいと思います。
 
勉強と向き合うのに一番大切な要素は集中力です。
 
言うまでもなく勉強時間と、成績アップは必ずしも比例はしません。
 
受験勉強において、長い時間ダラダラと机と向き合いやったつもりになるという
 
のが一番よくないのです。
 
それでは、集中力はどのようにして作られるのでしょうか。
 
まず、集中力の原動力となるもの、すなわち、集中力に必要な要素とは何なのか、
 
考えてみたいと思います。
 
集中力を養うには以下の3つの要素が必要不可欠です。
 
①目標
 
②モチベーション
 
③環境
 
集中力とは、この三大要素のどれが欠けても成り立たないものなのです。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア

中学受験、集中力を育む環境を考える

  1. 2015年1月7日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
前回、集中力を養うには、目標、モチベーション、環境といった3つの要素が
 
必要不可欠だと記しました。
 
この三要素をひとつひとつ説明すると、目標とは、
 
「第一志望に絶対合格したい!」
 
という具体的なゴールを明確にする事です。
 
次のモチベーションは、目標から繋がる自分の将来を具体的に描く事から
 
始まります。
 
第一志望の学校に徹底的に惚れ込み、
 
「僕は(私は)この学校に入ってこんな事をしたい」
 
「この学校に入って、最終的にはこの大学に入りたい」
 
といったものです。
 
常に自分の将来を信じ、突き進む原動力だと考えて下さい。
 
そして最後は環境です。
 
集中力というものは、自分の意思の強さや、気合から生まれるものだと
 
考えがちですが、実はそれだけではありません。
 
集中力とは集中できる条件の中に身を置く事によって自然と生まれるもの
 
でもあります。
 
集中力を育む環境とはすなわち、集中を阻止する誘惑の多いものを排除した
 
勉強だけに打ち込める場所が最適です。
 
この3つの要素を常に念頭に勉強に取り組むようにしましょう。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア

集中力は試験時間を目安に持続させる

  1. 2015年1月7日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
今回も、受験において、栄光を手にするには絶対に欠くことのできない、
 
集中力について、色々考えてみたいと思います。
 
集中力を持続させるにはもちろん限界があります。その限界は人によって
 
様々ですが、勉強のための集中力と括ってしまえば、絶対に持続させなくては
 
ならない時間があります。
 
いうまでもなく、中学受験に向かい勉強をする一番の目的は第一志望に合格する
 
ことです。
 
すなわち、中学入試においての試験の制限時間である50~60分は絶対に集中力を
 
持続させなくてはなりません。
 
制限時間が60分の試験を受けなくてはならないのに集中力が30分しか持続しない
 
のでは、まったく無意味なものになってしまいます。
 
なので、少しずつ自分の持つ集中力を延ばしていく時に中学入試の試験時間を
 
目安にすることはとても重要なのです。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア

不足している集中力の持続時間をどう補うか

  1. 2015年1月7日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
今回も集中力について、色々考えてみたいと思います。
 
さて、すぐに自分の集中力の持続を延長できるかといえば、そう簡単にはいかない
 
のが現実です。
 
誰もがある程度の時間までは延ばせたとしても、それ以上は無理かもしれない
 
という一線が必ず現れるのです。
 
もちろん、60分持続させる集中力を養う事が重要なのですが、もし不可能な
 
場合は、現状で足りない持続時間をどのように補うかの対策を打たなければ
 
なりません。
 
例えば集中力の持続する限界が30分しかないのに、60分の試験に臨まなくては
 
ならないのであれば、前半を25分、後半を25分、そしてのこりの5分間には、
 
気持ちに余裕を持たせたリフレッシュタイムと考えてみるとよいでしょう。
 
この5分間の余裕が後半の25分も集中力をしっかりと持続させるカギとなるのです。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア

合格のために、計画をできる限り具体化する

  1. 2015年1月7日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
さて、今回も中学受験へ向けての集中力について、色々考えてみたいと思います。
 
さて、集中力を養うのに必要不可欠な三要素
 
「目標」
 
「モチベーション」
 
「環境」
 
が整ったのであれば、中学受験に向けて学習計画を立てなくてはなりません。
 
まず、長期的な計画を立てましょう。
 
中学受験は高校、大学受験と比べ、比較的長い距離を走り抜かなくてはならないので
 
マラソンレースのように例えられます。
 
当然そのゴールは第一志望合格ですね。基礎学力を養わなくてはならない4年生
 
までの時期は、それほど綿密な計画は必要ありませんが、5年生になったのなら、
 
合格というゴールから逆算し、1が月単位で、毎日何をやるべきなのかいうことを
 
考えなくてはなりません。
 
この月単位の計画を立てる事によって
 
「この時期には社会の年号をここまで覚えなくてはいけない」
 
とか
 
「漢字問題は完璧にしておこう」
 
といった目標が生まれるのです。
 
このように中学受験の入試に向けて受験勉強の計画を細かく立てていくと、
 
自分がなぜその勉強をしているかということが改めて分かってくるので、
 
ぐっと集中しやすくなるのです。
 
計画通りに集中力をつけてやっていけば、必ず結果がついてくるという
 
確信を得られる事が大切なのです。
 
そしてこの計画を出来る限り具体化し、自分にとってわかりやすい基準を
 
作ることが比較的長時間の集中力を長い期間にわたって持続させる
 
コツでもあります。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア

集中する時間とリラックスする時間を使い分ける

  1. 2015年1月7日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
さて、中学受験生の中には、なかなか勉強する気になれない、やったとしても、
 
長く続かないという生徒も多いのではないでしょうか?
 
そのような場合、どうやって勉強する気になるか、さらに、そのやる気を
 
どのように持続させ、勉強時間を長くしていくかを考えなくてはなりません。
 
そして、いかに効率よく勉強をこなして、成績に結びつけていくかという事です。
 
受験勉強をしていくうえで、大切なのは集中とリラックスの両立です。
 
これをしっかり使い分け、切り替えを上手にしないと勉強の効率は、なかなか
 
上がらないでしょう。
 
そこで重要なのが一日のスケジュールをきっちり立てるという事です。
 
特に、塾のない休日などに、計画なしに勉強を続けていくと、いつまでも
 
集中出来ずにリラックスする時間との境目もなく、ダラダラと勉強を続けて
 
しまいがちです。
 
なので、ここまではキッチリと勉強して、この時間はしっかりと休むという
 
線引きをするようにしましょう。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア

集中力を持続させる学習計画について考える

  1. 2015年1月7日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
今回は、集中力を持続させる学習計画の立て方を考えてみたいと思います。
 
例えば90分単位でひとつの科目を終わらせるように計画表を作ってみます。
 
そして90分頑張ったら30分の休憩をはさみ、また違う教科を90分という具合に
 
予定を立てます。
 
しかし、実際90分の勉強といっても絶対に90分集中してやれてない場合もあります。
 
例えば10分ぐらいの無駄があった場合は休憩の中から10分のロスタイムを
 
とるようにしましょう。
 
そのために用意した30分の休憩なのです。
 
そして勉強が終わったら、思いっきりリラックスしましょう。
 
ロスタイムはありますが、休憩時は勉強に関わるものは見ないようにする。
 
この切り替えがないと次の90分に気持ち良く入り、集中することは出来ません。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア

集中力の敵は睡眠不足

  1. 2015年1月7日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
今回も、勉強には欠くことのできない集中力について記してみたいと思います。
 
集中には「目標」「モチベーション」「環境」という三つの要素が必要不可欠
 
になります。
 
この三要素が整えば、かなり集中しやすい環境が出来上がります。
 
しかし、集中するためには、これは絶対にしてはいけないという事柄も存在
 
するのです。
 
集中力、そして思考力低下の最たる原因は睡眠不足です。
 
中学受験を志す小学生であれば毎日最低8時間の睡眠時間をとるようにしましょう。
 
実際に睡眠不足が体に悪影響であるというのもありますが、それ以上に
 
「昨日はあまり眠れなかったな。本当に大丈夫かな」
 
と思い込んでしまう事が集中力を妨げる原因になるのです。
 
本当は勉強に集中しなければならないのに、寝不足だった事のほうがどうしても
 
気になってしまうのです。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア

食事と睡眠をしっかり満たして勉強と向き合う

  1. 2015年1月7日
  2. 中学受験関連第一志望絶対合格ブログ

こんにちは。
 
集中力を持続させるためには、毎日最低8時間の睡眠を心がけることが何より
 
重要だと以前ブログで記しましたが、また、食事にも気を配ることも大切です。
 
食事は勉強に向き合うための原動力でもあります。
 
その逆に、三度の食事を規則正しくとらずに、スナック菓子などで空腹を満たして
 
いれば集中力が低下してしまう事は必至です。
 
バランスの良い食事は心に安定をもたらし、例えばカルシウムを多く摂取する
 
ことはイライラの解消に効果的です。
 
人間が生きていくためにも絶対に必要な睡眠と食事。
 
この二つがしっかりと満たしてストレスをできるだけ軽減し、勉強と向き合う
 
ことが、大前提なのです。
 
 
桜修館を受験するなら、桜修館対策専門塾「桜修館ノア」
 
中学受験専門プロ個別指導塾ノア
 
プロ家庭教師ノア